【大ヒット】BD発売後に興収が大幅増 『ガールズ&パンツァー』はなぜヒットした?

: 最終更新日:2016/06/20 ガールズ&パンツァー   20

061901
1: 2016/06/18(土) 13:33:10.42 ID:CAP_USER
 プロレスラーの蝶野正洋が目を輝かせながらキャラクターの魅力を語り、舞台の茨城県・大洗にはファンが押し寄せ、SNSでは「ガルパンはいいぞ」という言葉が飛び交う……現在、女子高生たちが仲間と“戦車道”を極めていく過程を描いた『ガールズ&パンツァー』(以下、『ガルパン』)が大ヒットとなっている。昨年11月に公開された劇場版はこの5月に興収20億円を突破。5月27日に発売した劇場版のBDは初週で16.2万枚を売り上げる爆発的ヒットとなったが、映像作品発売後の全国再上映で興収を1億伸ばすなど、さらに息の長いヒットとなっていきそうな気配だ。『ガルパン』はなぜここまで人気を集めたのだろうか? 気になるけど今さら聞けない…そんな『ガルパン』に改めて迫ってみたい。

■戦車テーマでありながら死や戦争には直結しない“スポ根”

 『ガールズ&パンツァー』はアクタス制作のオリジナルアニメとして、2012年10月期にTOKYO MX、テレビ大阪他で放送され、アニメファンの間で「面白い」と話題に。アニメと並行して、別キャラクター視点の漫画、同じく別キャラクター視点からの小説も展開されたほか、ソーシャルゲーム、PS Vita向けゲーム、OVAなど、多岐にわたるメディアミックスを実施。2015年11月には完全新作となる映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』が公開され、約半年かけて興収20億を突破するロングヒットとなった。

 しかし、アニメや漫画を中心に大規模メディアミックス展開が行われることは、今では大して珍しいことではなくなっている。では、『ガルパン』はなぜここまで大きなヒットとなったのか? まずひとつめの理由は、美少女が戦車に乗って戦うという“萌え×ミリタリー”という親和性の高い定番手法を軸にしながらも、決して重くならない“スポ根”ものの範囲に収まっていることだろう。ガールズ=女の子、パンツァー=戦車。同作の世界では、戦車は華道や茶道のように“戦車道”として大和撫子の嗜みのひとつとして扱われており、流派なども存在。主人公・西住みほはそのひとつ「西住流戦華道」の家元に育ち、仲間の女子高生たちとともに全国大会で優勝を目指す、というストーリーとなっている。

 もちろん、戦車“道”であるから、女子高生たちが戦車に乗ってどんなに激しい戦闘をしても、重傷者や死者は出ないし、戦争の重苦しさはない。そもそもそんな血なまぐさい展開は求められていないのだ。『ガルパン』は仲間とチームを結成して、結束を高め、友情を深め、成長していく――ベースはまさに王道のスポ根フォーマット。スポ根でありながら、単なる青春部活動ものに留まるのではなく、“戦車”というインパクトの高いキーアイテムをもって美少女たちが上を目指す姿が描かれたことが、アニメファンだけでなく、女性の興味をも呼んだ。日常と“非日常”の戦闘を通して友情などを描くさじ加減は、さすが『けいおん!』を手掛けた吉田玲子氏による脚本といったところだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000369-oric-ent

*続く

via: 2ch

2: 2016/06/18(土) 13:33:29.45 ID:CAP_USER
■ミリタリーファンをうならせたミリタリー要素のリアリズム

 また、先述の“萌え×ミリタリー”という手法により、ミリタリーファンをはじめとする幅広い層の興味を惹きつけたことも大きかった。アニメ界においては“萌え×ミリタリー”というのは定番だ。例えば第二次世界大戦時の戦闘機をモデルにした“ストライカーユニット”を装着し、半人半機のスタイルで魔女が空を翔ける『ストライクウィッチーズ』や、同じく大戦時の軍艦を擬人化した“艦娘(かんむす)”が躍動する『艦隊これくしょん -艦これ-』、海を守る職業“ブルーマーメイド”を目指して女子たちが軍艦に乗る『ハイスクール・フリート』など、枚挙にいとまがない。

 しかし、萌えとミリタリーを掛け合わせればヒットするかと言われれば、必ずしもそうとは限らない。安易な萌え×ミリタリーに走ってしまうと、アニメファンからも、ミリタリーファンからも批判の対象になる。そこで重要となるのは、ミリタリーファンに「わかってる!」と思わせる、ミリタリー要素における徹底したリアリズムだ。『ガルパン』に登場する戦車は細部まで丁寧に描写されており、走行音や発射音、着弾音など“音”にもこだわっている。ミリタリーファンからはかつて活躍した戦車が轟音を鳴らしながら動いているだけで歓喜するとうい話も聞くが、迫力ある戦闘シーンへの評価は高く、特に劇場版は映画のシーンに合わせて座席が動いたり、特殊効果の演出が施されたりする「4DX」のリピーターが多かった様子。ひとつの物事を徹底的に追求する“オタク気質”が高いアニメファン、ミリタリーファン、さらには映画ファンにまで訴求したことで、ヒットコンテンツへと成長していったのだ。

 もちろん、これらの前提として、ヒットメーカーとして知られる水島努監督をはじめ、シリーズ構成・脚本の吉田氏など、精鋭スタッフによるコンテンツとしてのクオリティの高さあってこそだ。“聖地”となっている大洗は、東日本大震災で大きな被害を受けたあと、『ガルパン』が復興の手助けのひとつになったとも聞く。『ガルパン』の成功から学ぶことは多そうだ。

*以上

5: 2016/06/18(土) 13:45:37.93 ID:P3CJGV6J
たられば言ってもしゃーないけど本当にミリタリー要素がヒットの肝だったのかちょっと怪しい気もするな
ストパンも艦これも

6: 2016/06/18(土) 13:48:23.75 ID:oZaEde3E
音、臨場感がガルパンの重要ファクターだからじゃないのか
家で円盤視聴していた層が物足りなくなって映画館に足を運ぶとか十分ありうるアニメ

9: 2016/06/18(土) 13:52:22.05 ID:LWReQYSL
実は
リングにかけろ!
男塾
と同じ分野

12: 2016/06/18(土) 14:06:37.00 ID:Regpqc8g
>>9
味方になった男爵ディーノのカッコ良いことと言ったら

72: 2016/06/18(土) 17:30:35.15 ID:Bp37y/wD
>>9
わかる

13: 2016/06/18(土) 14:07:21.61 ID:ueMgDoZ/
映画館のマルチチャンネルの音響の良さが忘れられなくて
ソニーのサラウンドヘッドホン買おうか本気で迷うからなぁ

14: 2016/06/18(土) 14:08:07.82 ID:ea6e7KK8
劇場版を円盤化する時に大量に修正を入れたので
一度見たコア層がもう一度劇場版を確認しに行ったんだと思ってた

16: 2016/06/18(土) 14:14:39.99 ID:B0SoRyHL
ガルパン映画はアニメ作品というよりは爆音or4DXアトラクション映像なんだよね。

17: 2016/06/18(土) 14:21:23.65 ID:yk42p7Wh
>>16
それに魅入られてしまった人間がガルパンリピーターとなり、
ガルパン依存症となったのだろう

36: 2016/06/18(土) 15:16:06.16 ID:+tcpxD1H
>>16
結果論的にはそうなんだが
それを狙ってやった訳ではない所が偶然にしても凄い

21: 2016/06/18(土) 14:27:42.56 ID:MwuNXce8
忠誠心マックスのオジサン軍団を育て上げたからだよ。

22: 2016/06/18(土) 14:28:47.56 ID:Tz5zH/n8
どの層に人気あるの?面白さを感じなかったんだが

33: 2016/06/18(土) 15:09:19.55 ID:9Sboy2JN
>>22
捻くれた物の見方をしない層に受けたんだよ

35: 2016/06/18(土) 15:14:56.61 ID:qu7Ax4oE
>>22
全く同感、戦闘シーン緊張感や迫力が無いからつまらん
ストーリーもつまらんし、

105: 2016/06/18(土) 21:23:54.75 ID:mzjPf0OC
>>22
80年代にサンライズロボットアニメをリアルタイム視聴していて
90年代にLDを買ってて
00~10年代の作品もそれなりに視聴しているんだけど
円盤は滅多に買わない層

23: 2016/06/18(土) 14:31:25.56 ID:qOcweYH/
音響に関しては水島と岩浪小山山口じゃなきゃ成立してなかったな

25: 2016/06/18(土) 14:37:59.56 ID:u47gZj2J
BDやDVD観て、やっぱり劇場向けだなと思い映画館に行く。
→再度映画との差異を確認。
→ループ。(笑)

26: 2016/06/18(土) 14:40:11.96 ID:czWApN8w
フミカネは一定数の人気があった

武装神姫は犠牲になったのだ(´・ω・`)

27: 2016/06/18(土) 14:43:01.01 ID:qR6q3SIR
円盤が初動16万枚も売れて、固定ファンのリピートが~って言い分もむなしく響くようになったなw

28: 2016/06/18(土) 14:45:51.00 ID:yk42p7Wh
>>27
ガルパン依存症が広まった結果か

29: 2016/06/18(土) 15:00:40.84 ID:V/2VOfOH
二年前に発売されたOVAの円盤が映画以降現在も積みまくっている上に特装版も売れているという

34: 2016/06/18(土) 15:10:05.61 ID:qR6q3SIR
アニメや映画の枠を超えてアトラクション化したからウケた。良くも悪くもそれだけ。
キャラクターが、ストーリーがといっても円盤でまかなえるからなそれは。

38: 2016/06/18(土) 15:18:49.84 ID:KI8jc6E6
まぁ売れたもん勝ちだわな。

44: 2016/06/18(土) 15:35:35.02 ID:E4FGWB1X
この映画見て映画館への見方が変わった
1500円出して自宅で味わえない映像や音響を楽しめるところなんだな
逆に映画館ならではの映画が増えないと衰退に歯止めがかからない
邦画関係者はぜひ映画館に見に行きたくなる映画を作って欲しい

45: 2016/06/18(土) 15:38:44.65 ID:LWReQYSL
大洗町民の協力無くしては成功しなかったろう

47: 2016/06/18(土) 15:41:59.48 ID:AOwnGEhL
>>45だな

48: 2016/06/18(土) 15:44:28.92 ID:Pi55OZNJ
元々5億円が損益ラインだったのに22億円だもんな
ありとあらゆる奇跡が積み重なってここまで歩んできた
そして、この物語はまだ終わりそうにない

150: 2016/06/19(日) 10:47:48.49 ID:c/secNpA
>>48
黒字になりますようにって言いながらダルマの目入れてたのも懐かしい

51: 2016/06/18(土) 15:49:00.77 ID:V/2VOfOH
爆音上映やら4DXに上手くマッチした感はある
一種のアトラクションだよ

52: 2016/06/18(土) 15:52:14.64 ID:pD9WeBPR
金払ってコンテンツ支えてる俺カッケーが何十万人もいるのか

56: 2016/06/18(土) 15:57:29.23 ID:+tcpxD1H
>>52
90年代の特撮信者とはまた違った方向性だけどな

どうしようもないクソみたいな作品でもそのコンテンツや業界を支える為に
高い金出して血涙流してたのとは違って
作品そのものが面白い上に劇場が独自の方式で盛り上げてるから
遠くであっても金を出して観たいという気持ちにさせてくれる

64: 2016/06/18(土) 17:06:52.25 ID:3m23uwqu
誰も発掘していなかった「戦車戦」アクションを
初めてやったとは思えない完成度で作り上げたからだろうな

誰もやっていないから、蓄積がないし、手探りで時間や予算がかかるし
納期にあわせて中途半端な出来で小さくまとまるのを阻止したというか
良くぞ作ってくれた
戦車のCGの部分が重量感あるのにスピードがあって凄く自然に見える

70: 2016/06/18(土) 17:29:29.97 ID:Y+GvMEtx
ご家庭じゃ再現できない。
映画は映画館で見るというのを教えてくれたから。

76: 2016/06/18(土) 18:08:51.75 ID:YtHBPNVS
放送前 なんだパンツアニメか
放送後 はっきゅんかわえええええええええええええ

大丈夫
間違ってない

84: 2016/06/18(土) 19:05:18.18 ID:zW5yUYhN
ストーリーはオマケみたいなもんだし美少女動物園+戦車だろうな
あとは大洗が協力的だった事か

86: 2016/06/18(土) 19:24:56.48 ID:dw7/lmy8
 BDと劇場上映版の修正を確認しに行った方々が半端なく居たらしい

101: 2016/06/18(土) 21:02:56.08 ID:wLEKtcC5
4DXは良いマッサージチェアだよ
腰痛と肩こりが治った

109: 2016/06/18(土) 21:48:08.58 ID:6nYbp4mk
私はアニメとか興味がなかったけど
たまたまアマゾンプライムで第1話を見てから言うようになった
ガルパンはいいぞ

120: 2016/06/18(土) 22:53:30.11 ID:i/DJ2cJF
クラッチが滑る音がたまらん
現在AT運転してるけど、過去にマニュアル車を運転したことがある人なら、あの音は懐かしいと思うよ
あと、西住流と愉快な仲間たち的な、安心して観れるのもデカい

  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事ランキング

コメント、どうぞ
  • まず、戦車の動きがどうしようもなかったら誰も見てないだろうね。

  • これ以外でもだけど自分が面白くなかったから面白くないものだから売れてるのがわからない謎ってやつはなんなんだろう

  • ※2
    アスペルガー症候群というのがあってね
    先天性の障害だからあまり責めるのもよくない

  • 表向きはシンプルで取っつきやすい。
    でも実はとんでもない拘りと奥深さを秘めてる

  • ガルパンを叩いてる奴は、信用しない事にしている。
    あいつら「作品批判」のふりをして、本心では単に戦車が気に食わないだけ。
    震災の風評被害に苦しんだ大洗に『セシウム海水浴場w』などという下品な言葉を平気で吐ける連中。

    もちろん、面白さが分からない連中には『ガルパンは、パチスロで2回打っただけしか予備知識がないが』などという純粋な阿呆もたまに混ざってるけどね。

    • ガルパンおじさんきもいって言ってるやつの方が気持ち悪いというね

  • とにかく友人を誘いやすい映画だった
    TVシリーズ一回も見た事がない友人も、最初の嵐のようなエキシビションで完全に虜になったと言っていたな

    鑑賞する敷居の低さが最大の魅力だと思ってる

  • あと、ガルパンのアレを「戦闘シーン」という人は、
    意識的だか無意識的だか知らんけれど、
    未だにバトル物、戦争物のフォーマットで見てるんかなと思う。

  • ストーリーが糞なのは事実
    戦車道をやるための理由付けにとって付けただけ

  • ガルパン批判してる人はね作品の批評してると思いきや
    リピーターですらわかってることしか言ってないのがつらい所
    「ストーリーがつまらない」「TVと同じことしてる」「キャラが多くてわからない」コレばっかw
    それを見透かされると典型的なファンの人間性批判に方向転換
    最終的に批判されたファンから「可哀想だねガンバレ」と励まされて終わる

  • 実績も実力も十分、いまさら何を言われたところで何も起きないし何とも思わないよ。
    「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」で終わる話。

  • こんな突っ込みどころ満載の美少女アニメを全員が絶賛してたら怖いわ
    合わないやつもいるだろうし、嫌いなやつもいて当たり前だろ?

    俺にとってはテレビシリーズ含めて過去最高作品だから絶賛するけどね

  • 人気キャラを殺したり精神崩壊など、辟易していたアニメ界に吹いた爽やかで熱い風がガルパン
    非常に心地よいアニメでした

  • 戦車戦すごいよなー

  • ・戦車を知らなくてもわかりやすいストーリー展開
    ・戦車を知っていれば思わず感心する細かなこだわり
    ・戦争映画をしっていればにやりとできる(が、知らなくても物語を楽しむ上でまったく支障が無い)
     セリフや展開のパロディ、画面内に仕込まれた小ネタの数々
    ・登場人物のほとんどが初心者という設定なので、説明ゼリフがさほど気にならない
    ・試合中の実況解説がないので「何が起こっているのか」を知るために、
     繰り返し見る動機付けになったりファン同士の考察を含め情報交換が活性化
    ・ファンには「大洗の協力がなければ4話は面白くならなかった」という意識が強く、
     大洗へのリスペクトが高い→大洗の作品とファンへの印象が良くなる→相乗効果が継続中という流れ
    ・「エンタメ性を損ねない範囲内でのリアルさ」の徹底
    とりあえず思いついたのはこんなところ。

  • 美少女とメカの組み合わせからは大ヒットが出るって1980年代から常に言われて来たことなんで
    その法則が当てはまった成功例ってやつよ

  • 戦車の発進時と停車時にはサスペンションが効いていて重量感を出している。
    暗い戦車内で(おっさんの)目の周りだけ光るのは不気味なはずだったのが
    アニメでは違う印象になっていた。 首巻きマイクも「せっかくフリーハンド
    で使える様にしてあるのに結局手で押さえるなら意味が無い」と揶揄される
    アイテムだったのにアニメでは以下略
    いや、戦車には全然詳しくないけど。

  • 作り手が超頑張って面白いもん作ったからウケた
    本気で大したことないもの上手く売り付けたならともかく、作り手の熱意と努力以上に説得力のある理由や正確な分析がご用意出来るなら
    どうぞ各々でガルパンに比肩するヒット作をお作りください
    応援しますんで

  • 劇場版はストーリーも演出も神だったな
    アニメは正直最後以外普通だったのに

  • ガルパンは、ストーリーは糞っていう人がいるけど、表現が完全に間違ってると思う。
    わかりやすいシンプルな王道って表現が適切だろ。
    そもそも、ストーリーが糞だったら、ここまで面白くないし、評価もされてないだろw
    音楽、演出、作りこみで、王道展開にまだまだ余地があることをガルパンは教えてくれた。

コメントする